システムリリース

3つのシステム改修を行いました

日頃よりご愛顧頂きまして、誠にありがとうございます。
皆様に、より快適にCrossLearningをご利用頂くために、以下の改修を行いました。

事業報告書を集計する際の「グループ」に第二階層以下のグループも選択できるようになりました。

第一階層のグループしか選択できなかったところを、第二階層、第三階層…とすべての階層のグループを集計の対象として選択することができるようになりました。
(グループ登録数30件以上と未満でボックスの表示に違いがございます。)



①第一階層のグループを選択するとその配下のグループが選択されます。
②第二階層のグループを選択すると第二階層以下の配下のグループが選択されます。
③第三階層のグループを選択すると第三階層以下の配下のグループが選択されます。第四階層以下同様です。

ユーザーをcsvで一括登録・変更する際の項目名を改修して入力する内容を分かりやすく致しました。

①CSVファイルの変更


・B列1行目「※ログインの有効・無効」→「※ログイン状態(有効・無効)」
・C列1行目「ログイン無効理由」→「ログイン無効理由(一時無効・退職)」
・L列1行目「◎雇用契約期間・時間」→「◎雇用契約期間・時間(フルタイム1年以上・短時間勤務1年以上・1年未満)」

②項目名の変更


・「ログインの有効・無効」→「ログイン状態」
※管理画面内の各機能で「ログインの有効・無効」となっていた項目名は、すべて「ログイン状態」に変更となっております。

ユーザーがメールアドレスを登録した際の認証メールの文面にユーザーのログインIDを追加致しました。

※対象機能を利用されている企業様へのお知らせとなります。
サイト設定>ログイン後メールアドレス登録の設定

受講者のメールアドレス認証時に間違ったアドレスを入力された際、どのユーザーが間違ったのかIDが分かるようにしたいというご要望を頂いておりましたので、メールにログインIDを追加致しました。

———————————————–
ご登録頂きましたアカウント情報は以下となります。

 ログインID:○○○○○
———————————————–

これからも皆様のお手間が省けるよう、システム改修に力を入れてまいりますので、
今後共、クロスラーニングをどうぞ宜しくお願い致します。